藏ウェルフェアサービスとは

『人生最後の食生活をいかに豊かに楽しく送っていただくか』を
テーマにした、高齢者福祉施設、障がい者施設、病院の給食業務の委託や、
在宅高齢者への食事サービスを提供している会社です。

“なんとか食事を食べてほしい”
“最後は母の好きなものを食べさせてあげたい”

そんなご家族や施設の思いに応えられるよう、
ひと手間を惜しまず、自分の両親に食べてもらう気持ちで
心ある料理を提供しています。

『健康』と『満足』と『喜び』の実現に向けて、
嚥下困難な方のためにソフト食やムース食の開発も手がけるなど、
お客様のご要望にきめ細かく迅速に対応できるよう、日々取り組んでいます。

代表取締役 藤岡和子

お客様に喜んでいただくために、
わたしたちは何をすべきか・・・

楽食について

誰もが食べることを楽しめる食事を提供するのが、私たちの使命です。
限られた生活環境の中でも、”食”を通じて四季を感じてもらう工夫をするなど、安心・安全・美味しさにこだわりながら、豊かな食生活を送っていただけるように心がけています。

嚥下食への取り組み

咀しゃくや嚥下が困難な方にも、見た目・味・栄養価を大切にした食を楽しんでいただけるよう、独自の調理法やレシピを開発し、『最後のひと口まで食べる喜び』を追求しています。

藏マルシェとは

藏ウェルフェアサービス株式会社では「食で人をしあわせに」をテーマに、福祉給食の受託業務を中心に様々な分野でのお食事の提供を行ってきました。福祉給食の事業所においては、独自開発の軟菜食(柔らかいお食事)の普及、メーカーとのムース食の共同開発など様々な取り組みを行ってまいりました。そんな藏ウェルフェアサービスの技術やノウハウを在宅介護の分野や、弊社の受託施設以外のご施設様でも利用したいとの声を多く頂き、この度介護食品の独自ブランド「藏マルシェ」を立ち上げました。
一般的に年齢を重ねるとともに咀嚼力(噛む力)、嚥下力(飲み込む力)は弱くなるといわれています。咀嚼力・嚥下力が弱い状態で一般の食事を無理に食べようとすると、しっかりと噛めていない状態で飲み込んでしまい喉に詰まらせたり、ちゃんと飲み込めずに気管に入ってしまい誤嚥性肺炎になったりと様々なリスクが伴います。藏マルシェではご利用者様の状態に合わせた、しあわせのソフト食、ムース食、スープの3種類のジャンルをご用意しております。下記表を参考にご利用者様に合わせたシリーズをお選びください。
皆様の食生活をより豊かにすべく全力で取り組んでまいりますので、藏マルシェの商品へのご意見、ご要望等がございましたらお問い合わせフォームよりお声をいただけますと幸いです。

UDFについて
区分 容易にかめる 歯ぐきで
つぶせる
舌でつぶせる かまなくて
よい
かむ力の目安 かたいものや大きいものは
やや食べづらい
かたいものや大きいものは
やや食べづらい
細かくやわらかければ
食べられる
固形物は小さくても
食べづらい
飲み込む力の目安 普通に飲み込める ものによっては
飲み込みづらいことがある
水やお茶を
飲み込みづらいことがある
水やお茶を
飲み込みづらい
かたさの目安 ごはん ごはん〜やわらかごはん やわらかごはん〜全がゆ 全がゆ ペーストがゆ
さかな 焼き魚 煮魚 魚のほぐし煮 白身魚のうらごし
たまご 厚焼き卵 だし巻き卵 スクランブルエッグ やわらか茶わん蒸し
藏マルシェ
該当シリーズ
しあわせの
ソフト食
しあわせの
ソフト食
しあわせの
ムース食
しあわせの
スープ
会社概要
会社名 藏ウェルフェアサービス株式会社
本社所在地 〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町2丁目5番9号
TEL:06-6244-4488 FAX:06-6244-4477
ウェブサイト http://www.kura-welfare.co.jp
設立 2005年(平成17年)2月
代表者 代表取締役 藤岡 和子
資本金 2,000万円
業務内容
  • 高齢者福祉施設、障がい者施設、病院の給食業務の受託
  • 在宅高齢者に対する介護、食事サービスの提供
  • 学校給食、飲食店営業 他
取引銀行 りそな銀行 市岡支店
三井住友銀行 梅田支店
実績
高齢者施設
75施設
病院
2施設
学校
2校
売上高 約28億円(平成29年度)
従業員数 720名(平成29年度)

介護食への想い

私の父は肺がんでした。抗がん剤治療を受けていたのですが、口から栄養を取れずにいると、体力も落ちるし、治療にも支障が出るというのを目の当たりにして、食べることの大切さを実感しました。
「何だったら食が進むか」を考えながら、父には様々な手料理を作りました。
父が食べる姿を見て、家族はとても喜んでくれました。
この経験は、介護食の開発に取り組むようになったきっかけでもあり、原点です。
フランス料理においてピューレはとろみがあって、なめらかな口あたりなので、嚥下する力が弱くなった方でもすっと食べられます。
フランス料理の技法も使いながら、おいしい介護食を作って行きます。

社外取締役 高山英紀
商品ラインナップ